税理士法人アイ・タックスの山田先生からの情報です。

年末調整のために会社から扶養を記載する書類(「扶養控除等(異動)申告書」)等を受け取っている時期ですよね。

年末調整は、原則として「扶養控除等(異動)申告書」を提出している人の全員に対して行いますが、対象とならない人もいます。


次に該当する人は年末調整の対象となりません


・主たる給与の収入金額が2000万円を超える人
・2か所以上から給与の支払いを受けていて当該給与が従たる給与の人
・年の中途で退職した人(一定の人を除く)
・非居住者
・いわゆる日雇労働者

年末調整の対象とならない人は、当然に税額精算が行われませんので自分で確定申告する必要がありますので注意してくださいね!


以外と知らずに経費にしてることって多いのかも。。。


※※ 詳しくはハーツ会計事務所までお問い合わせください。

税理士法人アイ・タックスのHPはこちら