各士業さんの役割

士業とは?

世の中にさまざまな職業がある中で、「士業」と呼ばれる専門的な資格職業があることはよく知られています。

例えば「弁護士」や「税理士」といったものが代表的ですが、そのほかにもさまざまな種類の「士業」が存在します。
そうしたものの中には、実際のところあまり馴染みのないものや、詳しい仕事内容が浮かばないようなものもあります。

ここでは比較的よく知られた職業から、それほど知られていない職業まで、主な「士業」について詳しく解説していきたいと思います。
「士業」とは、最後に「士」の字を有することが多い、高度な専門性を持つ資格職業の俗称です。

「士業」と呼ばれる職業の大半は、資格を持っていないと開業できず、都道府県もしくは監督官庁に登録する必要もあります。
また、多くの場合で実務経験を証明する事業者の書面か、もしくは実務経験が必須の上位資格が必要となっています。

士業さんの種類

弁護士

弁護士は、依頼人の法律トラブルを解決する手助けをします。
身近な仕事では、離婚裁判、債務整理、相続の処理など、当事者同士では解決するのが難しい法律に関するトラブルの相談を受けて、法的手続きが必要な場合は依頼人の代理を務めます。
法的手続きは弁護士に依頼しなくとも自分で行うこともできますが、手間がかかり、法律の知識も不可欠です。

債務整理、離婚裁判、相続の処理 etc…

税理士

税理士は、国家資格を持つ会計・税務のプロです。
確定申告や税務調査の立ち会い、財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行など税金まわりの業務を担当します。
その他にも融資相談も行ってくれたり、資金に困っている中小企業に対して、銀行から融資を受けやすくしてもらうためのアドバイスもしてくれます。

確定申告、税務調査の立ち会い、財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行 etc…

公認会計士

公認会計士は、大手企業の決算書に不正がないか第三者の立場からチェックします。
財務諸表監査・内部統制監査・コンサルティング(MAS)・IFRS(国際財務報告基準)関連業務を担っており、その企業の信用を担保して投資している人たちの利益を守る役割を担っています。

企業財務の監査、M&A、株式公開、経営コンサルティング etc…

司法書士

司法書士は、不動産登記、会社の登記・供託の手続き代理や、裁判所・検察庁・法務局へ提出する書類の作成や手続きを代行します。
また、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における140万円以下の訴訟代理も行えるようになっています。

不動産登記、会社の登記・供託の手続代理、簡易裁判所における140万円以下の訴訟代理 etc…

行政書士

行政書士は、国民にもっとも身近な「街の法律家」とも言われます。
行政書士の仕事は大きく分けて、官公署へ提出する書類、権利義務や事実証明に関する書類を作る書類の作成、その申請を代わりに行う許認可申請の代理、クライアントからの相談を受けアドバイスを行う相談業務の3つに分類されます。
独占する業務に加え、他の資格で独占されていないものについても手掛けることができます。そのため、業務範囲が非常に幅広いのが特徴です。

権利義務や事実証明に関する書類作成、許認可申請の代理、クライアントからの相談業務 etc…

社会保険労務士

社会保険労務士は、労働社会保険諸法令に基づく申請代理などをします。
社会保険に関する書類作成や申請代行、労務管理に関する実務とコンサルティング、また社会保険・労災の申請や、助成金の申請についても行います。

社会保険・労災に関する書類作成や申請代行、助成金の申請 etc…

弁理士

弁理士は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産に関する専門家です。
また、知的財産の専門家として、知的財産権の取得についての相談をはじめ、自社製品を模倣されたときの対策、他社の権利を侵害していないか等の相談まで、知的財産全般について相談を受けて助言、コンサルティングを行うのも弁理士の仕事です。

特許権、実用新案権、意匠権、商標権の出願や登録、変更の手続き etc…

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の適正な価値を鑑定するプロです。
具体的には、「土地を売りたい・貸したい・贈与したい」などの要望に応じて、土地や建物の価値を判定したり、「土地の有効な使い方」についてコンサルティングを行います。
土地には借地権・借家権、地上権などの複雑な権利関係が絡み合っているケースが多いため、専門知識をもつ不動産鑑定士の活躍が必要になります。

土地や建物の価値判定、土地の有効な使い方についてコンサルティング etc…

中小企業診断士

中小企業診断士は、企業の成長戦略について専門知識に基づいたアドバイスを行ったり、経営計画立案に際し必要な、金融機関等へのパイプ役を務めたりします。
中小企業診断士は、一般に言う経営コンサルタントのことですが、独立開業している独立診断士と、特定の企業に所属する企業内診断士の2種類があり、中小企業診断士だけが唯一国家資格です。

企業の成長戦略についてアドバイス、経営計画立案に際し必要な金融機関等へのパイプ役 etc…

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量を行う専門家として、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行っています。
また、不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行っています。

土地又は家屋に関する調査及び測量、登記の申請手続について代理 etc…

海事代理士

海事代理士は、「海の法律家」として船舶登録などの業務を行い、国土交通省や都道府県などに対する手続きやそのための書類作成を代行する職業です。
対象となる法規には船舶安全法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法などの海事関係諸法令などがあります。

船舶登記や船舶登録、検査申請、船員に関する労務、その他海事に関する行政機関への申請、届出 etc…